葬儀と告別式の違い

故人を見送る儀式と聞くと様々なイメージを持たれる方は少なくありません。その中でも葬儀と告別式と何が違うのか、という疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか。故人を見送る儀式には、土地や風習によって様々な意味合いを持っています。葬儀は大きく二つに分かれており、お通夜の翌日から火葬までを指す場合と、亡くなった直後から火葬までの一連の流れを指す場合があります。

それでは告別式とは、どのことを指すのでしょうか。告別式も同様に2パターンに分かれています。1つは宗教が絡んでくるケースです。宗教が絡んでくるケースとは仏教であればお坊さんだったり、キリスト教であれば牧師さんだったりとそれぞれの宗教で行う儀式があることを指します。

もう一つはそのような宗教が絡んでこないケースです。基本的には、弔事や喪主の挨拶などを含み、故人との別れを惜しむ儀式のことを告別式と呼ぶ場合も告別式と呼びます。

このようにこの2つには、上記のような違いがあります。福岡に本社があり、全国に拠点を構える天光社(https://1000kaze.jp/)です。天光社(https://1000kaze.jp/)では、様々なケースによって小規模から大規模まで依頼者の要望に添ったサービスを提供していますので、一度機会があれば相談してみてはいかがでしょう。