葬儀におけるお通夜の必要性

故人を見送る儀式とは、お通夜、お葬式、火葬といった流れが一般的な流れと言えます。この中でも、お通夜に関しては、一般の方でも故人にゆかりのある人であったり、有名人などが亡くなった場合には、直接面識がなくてもファンなどが多く参列するのをメディアを通して見たことがあるという人は少なくないでしょう。

そんなお通夜ですが、故人を見送る儀式を開催する立場となった場合には、お通夜を行った方が良いのか迷う人もいるでしょう。費用的な面も含め悩むべきポイントですが、どのようにすればよいのでしょうか。

お通夜を行うか行わないかのポイントとして挙げるとすれば、事前に故人から友人や知り合いなどに盛大にお見送りしてほしいという希望があった場合や、家族の希望でみなさんに故人をお見送りしてほしいということであればお通夜は行う方が良いでしょう。逆に、家族や親近者のみにお見送りしてほしいという希望があった場合はお通夜を行わない方が良いでしょう。

このようにお通夜を行うかどうかといった面も含め、天光社(https://1000kaze.jp/)では故人の意向、家族の意見などを取り入れながら今まで培ってきた経験豊富なノウハウで、適切なアドバイスをしてくれます。気になる人はぜひ一度、天光社(https://1000kaze.jp/)に問い合わせてみましょう。