葬儀後の火葬の流れ

故人を見送る儀式の中で最後の儀式として取り上げられる儀式が火葬です。亡くなった後にお通夜や告別式などを経た上で火葬を行うのが一般的な流れですが、場合によっては直葬と言って、そのまま遺体を火葬してしまうというケースもあります。そんな火葬についてですが、一般的な流れを含めて火葬を行うまでに3つのパターンがあります。火葬は基本的には、体が残っている状態の最後をお見送りする儀式であり、故人を見送る儀式の中でも一番最後に執り行うというのが、一般的なイメージとしてもあるかもしれません。

一つ目としては、お通夜や告別式など一連の流れを行った後に火葬場まで行き、火葬を行うという形になります。従って、実際にはこの流れで火葬を行い、火葬する時が故人との最後のお見送りになるということです。

二つ目としては、葬儀と火葬とが逆のパターンのことを指します。具体的なイメージとしては、家族や親近者などで最後のお別れをした後に火葬し、一般的な葬儀を執り行うという流れになります。

最後は、密葬に近い考えなのですが、火葬などは身内だけで執り行い、一般の方には別でお別れ会を行うという流れもあります。ただし、火葬については、宗教上の問題や地域によって順番が前後する場合も多々ありますし、どのタイミングで火葬を行うかはやはり故人との関係性もあります。

そのような関係性も含め、天光社(https://1000kaze.jp/)では様々なケースを想定して、ご依頼者の要望に添いつつ、宗教上の問題、地域性の問題も含めて、最も最適な形で行うことができます。よく分からないという場合は一度、天光社(https://1000kaze.jp/)に問い合わせてみましょう。