近親者のみで行われる葬儀とは

故人を見送る儀式を執り行う場合、行う側にとって様々な形で執り行われます。そんな故人を見送る儀式ですが、どのようなパターンがあるのか知っている人は多くありません。いくつかのパターンが存在しており、そのパターンによっては、故人をお見送りできないこともありますので、そのパターンを事前に確認しておきましょう。

まずは直葬についてです。あまりイメージがないかもしれませんが、直葬の場合は近しい身内以外は故人をお見送りすることは基本的に難しいということだけ覚えておきましょう。この直葬は名前の通り、故人をそのまま火葬するという意味合いですので、お通夜や告別式など、一般の方が参列できる儀式を行わず近親者のみだけでお見送りするというイメージが直葬です。

最近増えてきているケースとして、家族葬と呼ばれるものも増えてきています。結婚式などでも家族のみで行うケースも増えてきていますが、親族や特に親しかった人のみで行われる故人を見送る儀式のことを家族葬と呼びます。

この他にも一日葬などもありますが、天光社(https://1000kaze.jp/)では、どのような形式であっても対応することが可能です。様々なケースで行いますが、天光社(https://1000kaze.jp/)のように全国に拠点を構えている会社であれば依頼者の希望に添った内容で執り行うことができます。