故人を見送る葬儀の意味とは

故人を見送る葬儀の意味とは この世に生まれた以上、いつか訪れる死という現実は皆平等にあります。親、兄弟、友人など、そして自分自身にも訪れるものですが、みなさんは故人を見送る儀式に参列されたことはありますでしょうか。故人を見送る儀式に参列された方も参列されたことがない人も、故人を見送る儀式という部分についてあまり深く考えたことはないのではないでしょうか。そもそも故人を見送る儀式とは何を指しているものなのでしょうか。お通夜や火葬など様々な手順や呼び方がありますが、故人を見送る儀式という意味で言えば、どの呼び方も葬儀という言い方が正しいと言ってよいでしょう。しかし、裏を返せばどの呼び方も故人を見送る儀式として、正しいが故に本当の意味での認識が人それぞれの認識になってしまい、非常に曖昧になっているのでしょう。

それでは、故人を見送る儀式という意味合いについて考えていきましょう。故人を見送る儀式には2種類の意味があります。一つ目の意味として正しいのは、故人をお見送りする儀式を葬儀と呼ぶことです。通常、人が亡くなった時、お通夜を行った翌日に火葬場へと遺体を運び、火葬を行うという流れが一般的な手順になります。従って、この一連の流れが一つ目の故人を見送る儀式です。

そして、次の意味合いとしては、お通夜から始まり、告別式、火葬と言った流れ全てを含めて、故人を見送る儀式となります。つまり、亡くなった直後から火葬されるまでの全てを含めているという意味になります。従って、一つ目の意味合いと二つ目の意味合いとでは、人が亡くなってから火葬までのことを指すのか、お通夜から火葬されるまでのことを指すのかの二種類となるわけです。どちらも正解ではありますが、その土地柄や宗教などによっても異なることがありますが、一般的な故人を見送る儀式の解釈としてはこの二通りとなります。

福岡に本社を構え、関西や関東にも拠点を置いている天光社(https://1000kaze.jp/)では、故人を見送る儀式のプロフェッショナルとして、上記で説明させていただいた一般的なものを含め、家族葬なども取り扱ったサービスを多くの方々に提供しています。故人を見送る儀式と考えてしまうと、悲しい気持ちが優先してしまいがちですが、天光社(https://1000kaze.jp/)では、一生の中で最も大切なイベントとして位置づけ、その家族に最大限に寄り添ったサービスを提供しています。故人を見送る儀式のイベントを人生の中の最後の締めくくりとして行うことをモットーとしています。天光社(https://1000kaze.jp/)のように故人を見送る儀式を人生の集大成として、気持ちよく見送ることができれば、それはとても素晴らしい最後のイベントだったと思えるのではないでしょうか。

最新ニュース